3月も後半となり、日も延びて暖かさも増してきましたね~(^^♪暖かくなってくると、特に何かあるわけでもないのになんだか心が弾んで楽しくなってきます。春だからでしょうか?最近、パステルを広げて絵を描きたくなることが多くなりました。楽器も弾きたくなってきています。

パステル画

前に描いた絵。土手などでよく目にしますが、桜が咲き乱れる下には菜の花、その下の地面は青々とした草におおわれている光景。桜のピンク、菜の花の黄色、草の緑・・・このコントラストが美しく、「ああ~春だな~」って心ときめく光景。この時期が待ち遠しいです。

パステル画

タンポポの綿毛のつもりですが、説明しないとなんだかわかりませんね・・・(^_^;)(汗)

暖かくなると、家の前の公園にウクレレを持って行って弾くこともあります。レパトリーのほとんどがBeatlesであるわたくしですが、弾いていたら犬を散歩させてるオジサマが・・・というよりワンちゃんの方がまず私に寄ってきて、それがもうすごく可愛くて思わず「可愛いですね~」と声をかけたら、オジサマが「ジェイク・シマブクロ?」と言ってきた。オジサマ、ジェイク・シマブクロを知ってるのね~と思いながらちょっとばかり会話を交わしたのでした。

パステル画

もちろん、わたくしの腕前はド素人なので、ジェイク・シマブクロさんのような素晴らしい演奏をできるわけがありません。ハワイアンの雰囲気ゼロでロックを弾いていたので、オジサマはジェイク・シマブクロさんを思い浮かべたのですね(笑)

パステル画

そのまま弾き続けていると、今度はウォーキングをしていた母と同年代くらいの女性が近づいてきて、「綺麗な音色ね~素敵ね~」と声をかけてきました。「ありがとうございます」と返して、女性がこの場を去るまで弾くのを待っていたら全く去る気配がない・・・。ニコニコしながら私を見ている(汗)

え~と・・・どうしたもんか・・・と思っていたら、「弾いてくださる?」って、ええ~~~~!?(◎o◎)ム、ムリです!一人でリラックスして弾いてる時はいいのですが、かしこまって人前で楽器を演奏するのはなぜか異常なほど緊張しまくるのです。で、緊張のあまり間違えまくります(~_~;)だから遠慮したい。

ムリと言っても「お願い」とねばられ、仕方なくBeatlesの「The long and winding road」を弾き語りしたのでした。もちろん間違えました(笑)

パステル画

そんな交流もありつつ、緑が茂って花が咲いてくる季節に外で弾くのは開放的で気持ちいいのです。もう少し暖かくなったら公園で弾こうと思います。ジル(フィンガーシンバル)の練習もしたい。もっと薄着になれる日が待ち遠しいです。

ということで、アップした絵とは全く関係のない話となりました。すみません。

 

 

玲子ちゃんの→佐伯玲子のブログ

クリエーター、リコちゃん先生の→RICOのブログ