【主の愛に包まれて・・・】

2/27火曜日・・・ 新しく教会メンバーとなられたM姉妹のご主人、「K兄弟」を「お見送りする会」(ご葬儀)に出席致しました。長い闘病生活の日々・・・M姉妹がクリスチャンとして生きている事に反発され、夫婦の間で色々波乱巻き起こった時期もあったそうですが、昨年暮れより、ご体調が悪化、転院を繰り返す中、マルセ先生・英一先生はじめ、教会メンバーで癒しを祈り続けました。その間、イエス様はずっとK兄弟に寄り添い、導いて下さっていたのです✨

 

次第に心が解かれて・・・マルセ先生のメッセージが綴られている教会のブログを読まれたり、久米小百合(久保田早紀)さんが、ご自身の信仰について語られていたテレビを観られたりと、一歩、一歩、「救いの道・イエス様の道」へと進まれて行かれました。

そして・・・2/18(日)礼拝後、改めて教会のみんなで御祈りし、その事をM姉妹が伝えた時、「ありがたいね〜✨」と喜ばれたので、M姉妹は「今しかない!!」と信仰告白へと導かれ・・・遂に、K兄弟は、イエス様を受け入れたのです✨💖✨ 直ぐにM姉妹が、教会グループLINEに、その喜びを、”主人を心から受け入れ、感謝し、愛せるようになった” と報告して下さいました。主の素晴らしさ、愛の奇跡に、感動して涙が止まりませんでした✨

その後、マルセ先生が病室に出向き、滴礼による「洗礼」をK兄弟に授けられました。この時も、教会グループLINEに、M姉妹から、「やっと本当の夫婦になれたのかもしれません。」と、報告があり、またまた主の愛の素晴らしさ、その愛の油注ぎが、LINEを通じて、私達教会ファミリー全員に注がれたのを感じ、私達も喜びに満ち溢れ、溢れ過ぎてまた嗚咽しながら泣きました✨💖✨ それから5日後。2/23(金)・・・「神の子」として、天の御父の元へと旅立って行かれました。束の間でしたが、とても濃く深い、そしてあたたかな、「夫婦の時」を過ごされたそうです。

(伝道者の書4:12)にある「三つ撚りの糸」が浮かびました。・・以前、マルセ先生が、「夫の糸と、妻の糸の間に、もう一本、イエス様の糸が撚られる事で、一層強い絆となる。」と、おっしゃってた事を思い出しました。イエス様が導かれた、ご夫妻の愛の力に、パワーを貰いました✨✨💖✨✨

そして迎えたご葬儀の日・・・お見送りは、キリスト教式で執行う事となり、マルセ先生が司式を務められ、教会ファミリーが、受付等のお手伝いをさせて頂きました。私は、お手伝いは出来ませんでしたが、無事、仕事を中抜け出来、お式の最初から出棺まで見送りました。(調整して下さった、職場の皆さんには感謝でした✨)

「お見送り」(ご葬儀)は、それはそれは、大いなる主の臨在と愛に満ちあふれた、とても感動的なものでした✨ マルセ先生の竪琴で、「驚くばかりの」(アメージング.グレイス)・「いつくしみ深き」・「鹿のように」を、皆さんで賛美しました。・・・式の間中、特に賛美の時はもう、涙があふれ通しでした。しかし、その涙は、別れを悲しむ涙ではありません。イエス様が、これほどまでにK兄弟を愛された。そして、ご自分の元に来てくれた事を、とっても喜ばれている。K兄弟の笑顔のお写真が、それを現している様でした。更に、式に出席された方々、欠席ながも花を手向け、メッセージを送られた方々にも、大きな愛を注いで下さってるのが、痛いほど、熱く、深く、「霊・魂・体」全てを震わせ、形容しがたい程の感動から溢れ出る涙でした✨💖✨

「K兄弟が、主の御元で安息されている!」・・・確信を強く感じました✨❤✨  「イエスキリストを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われる。」(使徒の働き 16:31)   ・・・主は、御言葉を成就して下さった。M姉妹の、「家族を救いたい」願いを聞いて下さった!  これは、同じく家族の救いを願っている私達にとって、大きな励ましとなりました✨🔥✨🔥✨🔥

K兄弟、この地上では、お会いする事も、お話する事も出来ませんでしたが、私達が、やがて地上での働きを終え、そちらに帰国しました時には、是非とも、M姉妹との「恋ばな💖」を皮切りに、おてんこ盛りトークして下さいね。楽しみにしております✨✨✨ その日まで・・・✨✨✨

イエス様、今日も、明日も、明後日も、ずっとずっと、私は、あなたの御声と、御顔を慕い求めていきます✨💖✨ 私の命💖✨ジーザス💖✨愛してます💖✨

↓ ✨マルセ先生の教会ブログに、御式で起きた、素晴らしい「神様の奇跡」が綴られています✨💖✨

神様の恵み~家族の救い

 


賛美クスページ

https://youtu.be/ZXXzDTXnCcI

◉B.B Wonderlandブログ

◉佐伯玲子のブログ

 

 

◉ 今井京子ちゃんのブログ

 

 

RICOちゃんのブログ