今年も更新 !「三浦綾子」の心震える魅力!

またまた、久々投稿で失礼致します💦 8/5(日) すっかり夏恒例のお楽しみとなりました、森下辰衛先生をお招きしての、メッセージ & 講演会、に加えて、森下先生の前で「なにわゴスペルフェスティバル」の披露会が、主イエスの恵み教会で行われました。(本日の賛美も元気いっぱい!)

森下先生のお話は、毎回とっても感動的で面白い✨ そして身体中の鱗が剥ぎ落とされ、癒しを解き放って下さいます。午前のメッセージは、童謡「赤とんぼ」の作者「三木露風」のエピソードを元に展開して下さいました ! 「赤とんぼ」は、三木露風が、壮絶苦難の人生の果て、イエス様と出会い、生まれて初めて「自分の居場所」にたどり着けた喜びと感動が詰まった歌だったのです!! 露風の父は、酷いDVの放蕩三昧の人だった事が原因で、母が子供たちを連れて家出。しかし、長男という事で、露風だけは残される・・・その後、露風は諸国放浪の旅をし、トラピスト修道院に行き着き、大正10年に「赤とんぼ」を作り、翌 大正11年に洗礼を受けクリスチャンとなったそうです。

1 . 夕焼、小焼の、あかとんぼ、負われて見たのは、いつの日か。

2 . 山の畑の、桑の実を、小籠(こかご)に、つんだは、まぼろしか。

3 . 十五で、姐(ねえ)やは、嫁にゆき、お里の、たよりも、たえはてた。

4 . 夕やけ、小やけの、赤とんぼ。とまっているよ、竿の先。

1番2番は、微かにある母との遠い記憶。3番は、世話してくれた「姐や」が嫁ぎ、母に次ぎ、居場所を失い、孤独になった寂しい思い。そして、居場所を求めて放浪する露風・・・しかし、4番・・・放浪の赤とんぼ(露風)は、「竿の先」にとまり、平安を得るのです。竿とは「十字架」。昔の竿は、十字架の形状をしていたそうです。露風は、「十字架」=「イエス様」という、人間にとって最高の「居場所」に辿り着いたのです✨✨✨ 

「愛する人と引き離された時、人は居場所失った痛みを感じる。それは、昔々、人が神と引き離れた時の痛みが、根底にあるのでは ? そして、神の元に、再び辿り着いた時、人は真の平安を得るだ。」 森下先生の言葉を通して、主が語りかけて下さっている✨ と感じました✨ 神様が備えて下さった「真の愛」の場所は、決して壊れない。何故なら、そこには、天のお父様も、イエス様も共にいて下さり、私達の中には聖霊様がいて下さるのだから。イエス様を通って、全人類の人々が、父の御元に辿り着きます事を御祈り致します。

また、苦しい闘病生活を送っていた時代の三浦綾子さんと、ご主人.三浦光世さんとの、心震える感動のエピソードの背景にあった、「赤とんぼ」との関係。それは、光世さんの壮絶な半生が、とても影響していた事。 更に、先生の奥様のお父様が亡くなられた時の驚愕の展開と結末にも通じるものが ! !  etc・・・目が離せないならぬ、耳が離せない「深イイ話」のオンパレードでした✨✨✨ と、本日の内容はここまで !   どんなお話だったかは・・・これから聴かれる方々のために、お・た・の・し・み・に、しておきましょう😄✨

今日のメッセージの軸にあった御言葉・・・

【ヨハネ14:1~6】『あなたがたは心を騒がしてはなりません。神を信じ、またわたしを信じなさいわたしの父の家には、住まいがたくさんあります。もしなかったら、あなたがたに言っておいたでしょう。あなたがたのために、わたしは場所を備えに行くのですわたしが行って、あなたがたに場所を備えたら、また来て、あなたがたをわたしのもとに迎えます。わたしのいる所に、あなたがたをもおらせるためです。わたしの行く道はあなたがたも知っています。」トマスはイエスに言った。「主よ。どこへいらっしゃるのか、私たちにはわかりません。どうして、その道が私たちにわかりましょう。」イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。』

午後は、三浦綾子氏 作「泥流地帯」より、講演をして下さいました✨✨✨ 人を不幸にする二つの事。それは、「罪」と「苦難」。その「苦難」をテーマに綴られた本作品について、熱く語って下さいました。

泥流地帯』(でいりゅうちたい)は三浦綾子の小説。大正15年(1926年)5月24日十勝岳噴火とそれに伴う火山泥流(ラハール)にまつわる物語を描く。

1976年1月4日から1976年9月12日まで北海道新聞の日曜版に連載。続編にあたる『続・泥流地帯』1978年2月26日から1978年11月12日まで同じ北海道新聞の日曜版に連載された。1977年(本編)、1979年(続編)に新潮社から出版された。

担当管内に十勝岳を有する旭川営林署に勤務していた夫・三浦光世が執筆を提案した。

ウィキペディアより引用

こちらも、これから聴く皆様のために、お・た・の・し・み・と、いう事で✨ 森下先生の解説を聴き、読むのがとっても楽しみであります✨✨ 因みに本作品は、出来る限り小さなお子様でも読める様に、わかりやすく書かれているとの事・・・私には打ってつけ(笑)

CDは、森下先生の講演会を収録したもので、幾つかの中から、ピーンと来た「細川ガラシャ夫人」を購入!  何か得るものが有る予感✨サインを頂きました✨ 書いて頂いた時、泣きそうになりました😭 どちらの言葉も、今の私には本当に大きな励みになります ! 感謝でした✨✨✨

さて、この日の交わりランチも、教会メンバー手作りの料理で、おもてなし🍙 笑顔でポージング✨ 森下先生、ありがとうございます✨

因みに、鍋(右の取っ手付)が私作✨ チョリソー・ポテト・ズッキーニ・オリーブのミートソース煮です🍙

 

 

 

ランチ後は、恒例の、「なにわゴスペル」に向け、森下先生にチェックして頂く(笑)ご披露会✨ 主の臨在と聖霊充満の中、賑やかに盛り上がりました✨

講演後は、再び、森下先生を囲御、皆で談笑✨ 白熱した質問が飛び交い、盛り上がりました✨集合写真・・・間違え探し✨ どこが違うでしょう?  (ヒント)一人、入れ替わってます(笑)✨
森下先生、今年も猛暑の中、涼やかな風(聖霊様✨)と共にいらして、たくさんの素晴らしいお話をして下さり、本当にありがとうございました✨ また来年の夏も楽しみに致しております✨ そして・・・

主よ、森下先生を招いて下さり、感謝致します✨

 

B.B Wonderlandからのお知らせ

【第3回】おやびん・演劇ワークショップ「O-PAS!」開催!

次回は・・・8/11(土) 13:00~15:00 🎤 レッスン料 1000円 

心と体と頭の体操で、ユニークな自分の魅力を発掘しませんか?
ご興味のある方は是非✨、突然飛び入りも大歓迎です! お待ち致しております!

詳細はコチラ▶ 第3回「佐伯玲子の演劇ワークショップ」8/11 (土)開催!

今井京子ちゃんゴスペルダンスレッスン開催中!

海外では一般的に神への賛美として教会の礼拝でも踊られるダンスです。ゴスペルミュージックやワーシップソングに合わせて振付されたものを踊ったり、スポンテニアス的に踊られることもあります。ダンスの基礎をトレーニングしていきながら、フリースタイルに踊っていけるようレッスンしていきます。

今井京子・ゴスペルダンスレッスン

ゴスペルダンス講座のご案内

賛美クス特別講座不定期開催中!

賛美に合わせ、エアロビクスをする賛美クス。軽快な賛美曲に、預言的コリオを合わせ、「霊・魂・体」を活性化させるワーシップ・エクササイズです!

賛美クス

賛美クス講座のご案内


佐伯玲子のブログ今井京子ちゃんのブログ